コラム

Web担当者はフォロワー数と業績の関係性に頭を悩ませるという話

清水は、会社のWeb担当者として、Instagramのフォロワー数を増やすことに注力していた。
上司から「SNSでもっと発信しないと」と言われ、必死に面白い投稿を考え、ハッシュタグを研究し、フォロワーとのコミュニケーションを大切にしてきた。

その甲斐あって、フォロワー数は着実に増加。
清水は、自分の努力が実を結びつつあることを喜んでいた。

しかし、売上には直接結びついていない。
Instagram上では賑わっているのに、肝心の売上は横ばいなのだ。

ある日、上司から呼び出された清水。
「フォロワーは増えてるみたいだけど、売上はどうなの?SNSって意味あるの?」と問い詰められる。
清水は言葉を失った。一生懸命やってきたのに、結果が出ていないと言われ、がっかりする。

「フォロワーを増やすことが目的化していないか」「売上につながる施策を考えているか」。
上司の言葉は、清水の頭の中でグルグル回る。SNSの運用方法を見直さなければならないのか。
でも、どうすれば売上アップにつなげられるのか。清水は途方に暮れた。

会社には、SNSのノウハウを持つ人間がいない。清水は試行錯誤を重ねるしかない。
「フォロワーとの関係を大切にしつつ、売上を意識した施策を打つ」。
そう決意した清水は、また新たな一歩を踏み出す。

清水の挑戦は、これからが本番だ。
SNSという未知の領域に踏み込み、手探りで道を切り開いていく。時には挫折もするだろう。
しかし、清水なら乗り越えていけるはずだ。なぜなら、彼にはフォロワーとの絆があるから。
その絆が、清水を支え、前へと導いてくれるのかもしれない。

若きWeb担当者の物語は、まだ始まったばかり。
SNSの可能性を追求し、会社の業績に貢献する。
そんな清水の未来が、今ここから始まる。

\のびのび色は、がんばるWeb担当者に寄り添います/

この記事を書いた人

永井 浩由のアバター 永井 浩由 代表取締役

ウェブ解析士として1,300以上のサイトアクセスを分析した経験や、1日1,000記事以上から得た情報豊富な知識をもとに活動するWebマーケター。
資格はウェブ解析士、GAIQ、Google広告認定資格を保有。情報適用力と深い専門知識で、お客様の成果を最大限に高めます。