コラム

Web担当者は悩みを共有できるパートナーとの出会いで成長するという話

「若いんだから、Webのことは任せたよ」。上司のひと言で、高橋はWeb担当者になった。
しかし、会社にはWebの知識を持つ人間が誰もおらず、高橋は孤軍奮闘を強いられることになる。

初めての仕事に戸惑う高橋。
分からないことだらけで、社内を駆け回るが、相談できる相手が見つからない。
営業部門は自分たちの仕事で手一杯、企画部門はWebに興味がない。高橋は一人で悩み続ける日々を送っていた。

転機が訪れたのは、ある展示会での出会いだった。高橋は偶然、Web制作会社の社長と名刺を交換する。
その後、何度か会って話をするうちに、高橋は自分の悩みを打ち明けるようになった。
社長は親身になって高橋の相談に乗り、アドバイスをくれた。

「自社だけで全てを抱え込む必要はない。外部パートナーを上手く活用することも大切だ」。
社長の言葉に、高橋は目からウロコが落ちる思いだった。

それからは、高橋の仕事ぶりが変わった。
Web制作会社と協力して、自社サイトをリニューアルした。SNS運用も任せ、次第に成果が表れ始める。
社内でもWebの重要性が認識されるようになり、高橋の提案にも耳を傾けてくれる人が増えていった。

高橋はもう一人ではない。信頼できるパートナーと共に、会社のWeb戦略を推し進めている。
時には意見が対立することもあるが、建設的な議論ができるようになった。高橋は、自分が成長したことを実感している。

若さゆえの苦悩を乗り越え、高橋はWeb担当者としての道を歩み始めた。彼の挑戦は、まだ道半ばだ。
これからも、新たな課題や壁が立ちはだかるだろう。しかし、高橋なら乗り越えていけるはずだ。

なぜなら、彼は一人ではないのだから。パートナーとの出会いが、高橋を変えた。
彼の成長は、まだ始まったばかりなのかもしれない。若いWeb担当者の奮闘は、これからも続いていく。

\のびのび色は、がんばるWeb担当者に寄り添います/

この記事を書いた人

永井 浩由のアバター 永井 浩由 代表取締役

ウェブ解析士として1,300以上のサイトアクセスを分析した経験や、1日1,000記事以上から得た情報豊富な知識をもとに活動するWebマーケター。
資格はウェブ解析士、GAIQ、Google広告認定資格を保有。情報適用力と深い専門知識で、お客様の成果を最大限に高めます。