コラム

Web担当者は老舗企業の殻を破るべく孤軍奮闘するという話

「ベンチャーだから、常に挑戦し続けるのが当たり前だ」。
そう豪語する社長の言葉とは裏腹に、この会社の体質は古く、新しいことへの抵抗感が根強い。
そんな老舗企業で、入社3年目のWeb担当者・市川は、日々奮闘していた。

市川が提案する新しいWebマーケティングの施策は、なかなか理解されない。
営業部門は「うちはこれまでの営業スタイルで十分だ」と取り合わず、企画部門は「予算が限られている」と二の足を踏む。あげくの果てには、「Webなんて若い子の道楽だろう」と一蹴されてしまう。

社内を飛び回り、プレゼンを重ねる市川。
しかし、どの部門も責任を取りたがらず、彼の提案はたらい回しにされるばかりだ。

「30周年を迎えた会社が、本当にベンチャー精神を持っているのだろうか」。

疑問を感じつつも、市川は諦めない。なぜなら、市川はこの会社のWebの可能性を信じているからだ。
時代に合ったWebサイトを作り、SNSを活用すれば、もっと多くの顧客にアプローチできる。
オンラインセミナーを開けば、全国から参加者を集められる。市川の頭の中には、アイデアが溢れている。

今日も、市川は一人、社内の理解者を探し求めて歩き回る。
「たった一人でも、Webの可能性を理解してくれる人がいれば」。
そう願いながら、彼は明日への一歩を踏み出す。

市川の奮闘は、まだ始まったばかりだ。
彼の情熱が、いつか会社を動かす原動力になることを、私は信じている。

古い体質に風穴を開け、ベンチャー精神を取り戻すこと。
それが、市川に課せられた使命なのかもしれない。

\のびのび色は、がんばるWeb担当者に寄り添います/

この記事を書いた人

永井 浩由のアバター 永井 浩由 代表取締役

ウェブ解析士として1,300以上のサイトアクセスを分析した経験や、1日1,000記事以上から得た情報豊富な知識をもとに活動するWebマーケター。
資格はウェブ解析士、GAIQ、Google広告認定資格を保有。情報適用力と深い専門知識で、お客様の成果を最大限に高めます。