コラム

Web担当者は重圧と希望を背負い奮闘するという話

地方都市の上場企業で経営企画部のWeb担当者として働く田中は、重役会議から出てきたところだった。
会議では、若い二代目社長と先代社長の側近である役員たちとの間で、激しい議論が交わされた。
田中は、その板挟みに疲れ果てていたのだ。

この会社は、地方の基幹産業を支えてきた老舗企業だ。
しかし、時代とともに市場環境が変化し、オンライン販売へのシフトが急務となっていた。
田中は、会社のWebサイトを刷新し、ECサイトを構築することを提案していた。

ところが、二代目社長は自信がなく、なかなか決断できない。
一方、古参の役員たちは、「うちの商品はネットで売るようなものではない」と頑なに反対する。
田中の提案は、いつも宙に浮いたままだ。

地方都市では、デジタル人材の確保が難しい。
田中は、東京から一人で赴任してきた。会社の将来を憂い、日夜Webの改善策を考えている。
しかし、社内の理解は得られない。田中は、孤軍奮闘の毎日だ。

それでも、田中は諦めない。地方企業だからこそ、Webの力が必要なのだ。
オンラインの世界では、地理的な制約は意味をなさない。
田中は、この会社の商品を、全国、いや世界に届けたいと願っている。

変化を恐れる役員たちの心を開き、若き社長の背中を押すこと。
それが、田中に課せられた使命だ。彼女の挑戦は、地方企業の未来を左右するかもしれない。
今は険しい道のりだが、必ずや理解者が現れ、社内の風向きが変わるはずだ。

田中の情熱が、いつか地方から日本経済を動かす原動力になることを、私は信じてやまない。
地方企業のWeb担当者、その重圧と希望を、彼女は一身に背負っているのだから。

\のびのび色は、がんばるWeb担当者に寄り添います/

この記事を書いた人

永井 浩由のアバター 永井 浩由 代表取締役

ウェブ解析士として1,300以上のサイトアクセスを分析した経験や、1日1,000記事以上から得た情報豊富な知識をもとに活動するWebマーケター。
資格はウェブ解析士、GAIQ、Google広告認定資格を保有。情報適用力と深い専門知識で、お客様の成果を最大限に高めます。