コラム

Web担当者は縁の下の力持ちという話

中小企業の片隅で、ひとりWeb担当者が疲れ果てた表情で座っている。
彼の名は佐藤。会社でただ一人のWeb担当者だ。

佐藤の周りには、様々な部署からの要望が山済みになっている。
営業部からは「商品ページをもっと目立つようにしてほしい」、総務部からは「お知らせを至急アップしてほしい」、経理部からは「請求書のダウンロードリンクを貼ってほしい」など、枚挙にいとまがない。
佐藤は一人で、これらすべての要望に応えなければならない。

息つく暇もなく、佐藤は黙々と作業に取り組む。
彼はWebの知識も経験も十分ではないが、懸命に学びながら、なんとかサイトを更新し、機能を追加している。
時には夜遅くまで残業することもある。

会社の同僚たちは、佐藤の陰での努力を知らない。
「Webの更新が遅い」「もっとこうしてほしい」と不満を漏らすばかりだ。

そう、Web担当者の仕事は、地味で目立たない。
佐藤は、理不尽な要求にも、愚痴ひとつこぼさず、ひたむきに応えている。
佐藤の献身的な働きぶりを、私たちは心に留めておくべきだろう。

中小企業を支える縁の下の力持ち。それがWeb担当者なのだ。
佐藤のような彼らの存在があってこそ、会社のWebサイトは成り立っているのである。

次に、あなたがWebサイトを見るとき、ページの裏で働く人々の姿に思いを馳せてみてはどうだろうか。
少しだけ、感謝の気持ちを抱くことができるかもしれない。
何気ないサイトの陰で、今日も佐藤は黙々と仕事に励んでいるのだから。

\のびのび色は、がんばるWeb担当者に寄り添います/

この記事を書いた人

永井 浩由のアバター 永井 浩由 代表取締役

ウェブ解析士として1,300以上のサイトアクセスを分析した経験や、1日1,000記事以上から得た情報豊富な知識をもとに活動するWebマーケター。
資格はウェブ解析士、GAIQ、Google広告認定資格を保有。情報適用力と深い専門知識で、お客様の成果を最大限に高めます。